出勤スケジュール

  • 02月18日(日)-

  • 02月19日(月)-

  • 02月20日(火)-

  • 02月21日(水)-

  • 02月22日(木)-

  • 02月23日(金)-

  • 02月24日(土)-

ご奉仕系&精神的ドM! お客さんからの愛情が興奮へ繋がる! 私、SやMではなく、変質者…、いや、変態なんです♪

ことね(27)

T.155 B.83(C) W.57 H.86

Q:一瞬でわかる、おっとりさんだね。
「おっとりですねぇ〜。できるだけ、カロリーを使わないようにしてるんです」
Q:ほう。なんで?
「もともと、体力が少ないのと、緊張しやすくって、すぐドキドキしちゃうから」
Q:へ〜。
「なるべく、落ち着いて、ゆっくりに。時間がないときは、頑張って早く動きますけど。うふふ」
Q:なるほど。
「あと、お客さんの中には、ゆったりした感じが嫌だっていう人もいるんですよね」
Q:うんうん。
「そういうときは、なるべくテンポを合わせます。でも、こういうお店って雰囲気も大事だし、私は出来るだけ癒したいので、なるべくお客さんとかにもゆっくり対応して、リラックスできるようにしているかなぁ? うふふ」
Q:なるほど。
「ただ、男の人って興奮したいわけじゃないですか? 興奮と癒しって結構反対だから、そのさじ加減が難しいなぁ〜、って思うときがあって」
Q:へ〜。じゃあ、普段はどんな接し方を?
「恋人みたいにイチャイチャしながら、その流れでエ○チするって感じです」
Q:この雰囲気だと、押し倒される感じかな?
「ん〜、普段からこういう感じなんで、そういうこともあるんですけど、どっちかって言うと、私から、洋服とか脱ぐ前に、お客さんの上に座っちゃったりします」
Q:へ〜。
「で、くっついたままお話ししながら、服脱いで行ったりするんです」
Q:ほう。意外と自分から行くんだね。
「自分から行きますけどぉ〜、肉食女子っていう感じじゃなくて、お客さんが攻めやすいように、誘うみたいな。うふふ」
Q:どう誘うの?
「えぇ〜、キスとかして、お客さんが何かして来たら、それに合わせてって感じです」
Q:ま〜、押し倒すよね。
「うふふ。そうですね。あとは、眺めて観察されたり…」
Q:あはは。何を観察?
「それは私に聞かないでください。うふふ」
Q:あ〜、ことねさんのカラダをね。どこを見てるんだろうね?
「全部じゃないですかぁ〜? うふふ。『ちょっと立って』って言われるので、言われた通りにしてるだけだから」
Q:確かにスレンダーだし、いいカラダしてそうだよね。
「えぇ〜、そんな感じでもないですよぉ〜」
Q:じゃあ、カラダで褒められる部分は?
「『いいお尻してるね〜』とか、自分はあんまり好きじゃないんですけど、八重歯とか」
Q:あ〜、確かに八重歯が特徴的だよね。
「うふふ。あとは、細いけど、メリハリがあるとは言われたことがありますけど…、胸は小さいと思います」
Q:あはは。じゃあ、オ○パイの形は?
「形は…、普通。たぶん、可もなく不可もなくだと思います」
Q:あはは。そんなカラダを観察される気分はどう?
「やっぱり、ちょっと恥ずかしいけどぉ〜、ドキドキしちゃいますよね。うふふ」
Q:ドキドキしやすいもんね。
「私、このお店で初めて出勤したときに、あんまりにも興奮しすぎて、家に帰って鼻血が止まらなくなって来ちゃったんですよ」
Q:あはは。そんなに興奮したの?
「初めてのところだし、初めて会うお客さんだし、気が小さいから、ドキドキが止まらなくなっちゃうんです」
Q:気が小さいわりには、すぐにお客さんの上に乗っちゃうんだ?
「うふふ。そうですね」
Q:気が小さいのと、エ○チなのは、違うってことかな?
「はい。基本的にエ○チはぁ〜、好きですから。うふふ」
Q:想像はできるんだけど…、あえて聞くけど、Mっぽい? Sっぽい?
「完全にMだと思ってるんですけど、この間、ドMの方が来たときに虐めてたら、それはそれでちょっとおもしろかったんです」
Q:なるほど。
「基本は、Mなんですけど…、ただ、快楽主義のMではないと思います」
Q:ほう。どういうこと?
「ご奉仕タイプ。基本満足してもらわないと、気になってしょうがないんです」
Q:なるほど。
「ずっと攻めてもらってると、私、全然何もしてないって思って、どうしようってなっちゃいます。ご奉仕しなくちゃ〜! って。それで、お客さんが気持ち良くなってもらえると、嬉しくなってぇ〜、濡れて来ちゃったりとか。うふふ」
Q:いいね〜。
「それを、お客さんに話したら、『もしかしてSなんじゃないの?』って言われて、自分ではMだと思っているんですけど、どっちなのかなって」
Q:う〜ん…、ご奉仕をして、褒められて嬉しくなって濡れるタイプ?
「あ〜、そういうのもありますね」
Q:じゃあ、ご奉仕好きのMかな。
「あとは、妄想することもあって、無理やりオチ○チン舐めされられてる悲劇のヒロインみたいな想像をして、濡れちゃうときとか、いろいろあって…」
Q:あはは。妄想族なんだ。
「はい。脳内変換しちゃうことがあって…、こんなことされて、意識とは関係なく濡れちゃうカラダとか。うふふ」
Q:へ〜。楽しんでる?
「はい。うふふ」
Q:やっぱり、Mっぽいね。ちなみに、イメプレはどう?
「イメプレ…、どんなことするんですか?」
Q:例えば、ご主人様に、無理やり口にオチ○チン突っ込まれたりとか。
「そういうのも、たぶん好きです」
Q:動けない状態にされて、いろんなところを攻められるとか。
「そういうのも。お客さんが好きならいいと思います。でも、イメプレって経験がないので、どうやってすればいいかが…」
Q:なるほど。
「それに、攻め続けられてると、やっぱり申し訳なくなっちゃう…。私は気持ち良くていいんですけど…、エ○チ好きだし、攻められるのも好きだから」
Q:Mっぽいプレイで、お店で可能なことは?
「う〜ん、実は、最近お尻が、好きに…」
Q:お〜っ。それはどの程度?
「まだ開発中で…。でも、最近、イジられるのが気持ち良くなって来ちゃって…。うふふ」
Q:どうして欲しい?
「あっ、あの、気持ち良いんですけど、お尻を触ったら、アソコを触るときは、違う指で触るとかはして欲しくって」
Q:うんうん。何かをかぶせたりね。
「そうそう。やっぱり、衛生面はちゃんとしておかないと…」
Q:じゃあ、どうすればいいのかな?
「舐めるとかだと、口をゆすがないとキスができなくなっちゃうから、指で触るのがいいです」
Q:なるほど。指を入○るのは?
「かぶせてもらってからするのだったら、大丈夫だとは思います」
Q:気持ち良い?
「気持ち良くなっちゃいました。うふふ」
Q:ほうほう。
「あと、私、くすぐったがり屋なんで、未開発の性感帯は、いたるところにある気がします」
Q:ほう。
「首筋は、元々、くすぐったくてだめだったんですけど、最近は感じるんですよ。耳もそうですね。ひゃ! ってなってたんですけど、最近になって、あれ? ちょっと気持ち良いかもって。うふふ」
Q:へ〜。全くの未開発部分は?
「脇とか脇腹とか、お腹周りががまだ気持ち良いより、くすぐったいなんですね。そこも気持ち良くなるんじゃないかなって思ってます」
Q:ほう。今、触ったらどうなる?
「ひゃ〜! ってなっちゃう。まだ、ギャーギャー言うと思います。うふふ」
Q:でも、開発して欲しいんだ?
「はい。楽しいですよね。うふふ。でも、内心は、ちょっともったいない気も…」
Q:ほう。どういうこと?
「ここで発表すると、すぐ開発されちゃうかもしれないじゃないんですか。もっと、じっくりジワジワがいいかなって思って。うふふ」
Q:あはは。ギャーギャーってなるところだから、時間かかるんじゃない?
「あぁ〜、そうかもしれないですね。暴れちゃったらごめんなさい。うふふ」
Q:あはは。じゃあ、押さえつけて、攻め続ければいい?
「う〜ん…、わかんないです。本当に、無理ってなっちゃうかもしれないし、興奮するかもしれないし…、その辺の度合は、お客さんのさじ加減でお願いします。だから、本当に無理なときは言うようにしますね」
Q:うんうん。ほかにもMっぽいプレイはある?
「目隠しとかも好きです」
Q:ほう。どんな気持ちになる?
「襲われてる感じ。あと、何をされているかわからないから、ドキドキ感もありますし」
Q:うんうん。ちなみに、手かせは?
「手かせもいいですね。あと縄で縛るお客さんもいるんですけど、けっこう興奮します。どの程度かは、要相談で。うふふ」
Q:うんうん。いや〜、けっこうなMだな〜。
「うふふ。そうですねぇ〜」
Q:あと、スパ○キングはどう?
「好きですよ。でも、こういうプレイは、初めてのお客さんだと嫌かも」
Q:度合がわからないから?
「ううん。信頼関係ができて、お客さんにも愛情があったら、大丈夫なんです」
Q:信頼関係ができれば、興奮するプレイに変わるってことかな?
「あの、私は痛いのが好きではないんです。その人に満足してもらうのが好きなんですよ」
Q:ほう。
「だから、その人が痛くすると興奮するって人ってわかってると、私も興奮するんです。この子はMだから痛くすると気持ち良いに違いないって思って、痛くされると、全く気持ち良くないんです」
Q:なるほど。興奮してくれてることで興奮するタイプと。
「うんうん」
Q:相手を知らない状態だと、興奮してるかもわからないと。
「そうなんです」
Q:じゃあ、最初に話して、こういうプレイが興奮するって伝えるのはどう?
「あぁ〜、それもいいかもしれないですけど…。あのいきなりでもいいですね。でも、その人が本当にSなのかって、されてると雰囲気でわかっちゃうんですよ」
Q:ほう。Sの気持ちがわかると。
「そうですね。SとMって、すごく紙一重だと思います。だから、私もたまにSっぽいって言われることもあるんです」
Q:へ〜。でも、いきなりより信頼関係が深いほうが、プレイの幅が広がりそうだよね。
「それはありますね。この人に従いたいって気持ちが深まって来ると、何されても気持ち良くなって来るんですね」
Q:なるほど。ことねさんは、肉体的より精神的なドMだね。
「そうかも。やっぱり、そのプレイをすることによって、興奮するとか、こういうプレイが大好きでやりたいとか、相手が興奮することによって興奮して来るから、精神的なんでしょうね」
Q:うんうん。お尻もそういう感じなの?
「お尻は、最初はそうだったんです。でも、段々物理的にも気持ち良くなって来たんです。うふふ」
Q:あはは。開発されてるね〜。
「たぶん、私、SとかMっていうより、変質者なんだと思います」
Q:あはは。変質者じゃなくて変態じゃない?
「あっ! そうそう。その言葉が1番しっくりしますね。うふふ」
Q:ディー○スロートとはどう?
「あぁ〜、できます。と言うか、普通にします。うふふ」
Q:ほう。じゃあ、頭を押さえられてのイラ○チオは?
「大好き! でも、あんまりやる人いないです」
Q:お〜っ。喉の奥まで入る?
「入っちゃいます。うふふ」
Q:いいね〜。そのときの気持ちは?
「なんか、虐められてる気がして、興奮します。うふふ」
Q:ほうほう。じゃあ、頭を固定されて、腰を振られるのは?
「そういうのも好きですよ」
Q:お〜っ。そのときの気持ちは?
「物のように扱われてる気がして、興奮するんです。たぶん、私を好きに使ってください♪ って感じなんでしょうね。うふふ」
Q:目隠し、手かせ、オ○チャの3点セットは?
「目隠しするお客さんがいないから、実際はわかんないですけど、目隠しされてて、何をされるかわかんない状況には、興奮すると思います」
Q:なるほど。オ○チャは持ってる?
「バ○ブとかロ○ターとか…。一通りありますけど…、でも、これは持って来てくれたお客さん専用だから、使いたい人は持って来て欲しいです」
Q:へ〜。じゃあ、差し入れはオ○チャで?
「うん。いいですね。うふふ」
Q:うんうん。あと、オ○ニーを目の前でするのは?
「します」
Q:ほう。最初に言っていた眺められるのは、そういうプレイ?
「たぶん、そうだと思います。私が、そういう雰囲気を醸し出してるんでしょうね。うふふ」
Q:なるほどね〜。じゃあ、言葉攻めは?
「好きです」
Q:ほう。命令形?
「命令されるのもいいですね。支配されたい願望もあると思います」
Q:いや〜、まだまだ伸びしろがあるな〜。
「うふふ」
Q:支配されたい?
「うん。支配されることによって、愛情を感じるのかも。だって、愛してない人を支配はしたくないですよね」
Q:なるほど。そういう人に従順になりたいと。
「うん。愛情がある支配だと、それで愛情を感じるから」
Q:うんうん。で、興奮してもらいたいと。
「いっぱい興奮して欲しいです。それに興奮するので」
Q:それに興奮しちゃう変態さんと。
「はい。あはは」
Q:お客さんにメッセージを。
「う〜ん…、優しく虐めてください」
Q:その一言に、今回のインタビューの全部が集約されてる気がする。
「うふふ」
[取材後記] 完全に精神的ドMっ子です。でも、愛情を感じたい、だからこそ、最初はイチャイチャした恋人プレイから。Sと思われる部分は、おそらくご奉仕がしたい、させられたいという面が、そう見えるのかもしれません。ただ、Sの気持ちが分かるからこその、Mでの興奮なんだと。まだまだ伸びしろがある、ことねさん。みなさんで、いろいろと開発してあげれば、いろんなプレイを幅広く楽しめる日も近いかもしれませんよ。[PLAYGIRL/らい助]

COPYRIGHT© 2016 YOSHIWARA SOAPLAND CLUB KIKOUSHI. ALL RIGHT RESERVED.